top of page

メキシコのLa Santisima Trinidadワイナリーへ行ってきました。

メキシコのグアナファト(Guanajuato)州のワイナリーに行ってきました。


グアナファト州は、メキシコシティから北西に300kmほどにある州です。約300社の日本の自動車関連企業が進出していて、日本人もたくさん住んでいます。


バハ・カリフォルニア(Baja California)州、コアウイラ(Coahuila)州、ハリスコ(Jalisco)州に次いで、メキシコで第4位のワイン生産量を誇っており、約50のワイナリーが集まっています。


そんな沢山のワイナリーの中から今回はドロレス・イダルゴ(Dolores Hidalgo)にあるLa Santisima Trinidadに行ってきました。


このワイナリーはホテルやレストランが併設されている滞在型のワイナリーで乗馬やサイクリングなどが楽しめます。ぶどうだけでなく、オリーブやラベンダーなども育てています。近くにSan Lucas, San Francisco, Santa Catalinaといった姉妹ワイナリーを持つ巨大グループです。


入口ではぶどうを路上販売していて、ドライブ中の人が足を止めていました。


広大なぶどう畑には、収穫を前に、ぶどうがたわわに実っていました。(訪問したのは8月上旬)

まず、ワイナリーツアーに参加。英語で案内してくれました。参加者は私を含めて3名だったので、じっくりと話が聞けました。


ステンレス製の発酵タンク。


地下にある醸造用の木樽。


スパークリングワインを作るためのリデゥリング装置。


ワイナリーツアーの後は、テイスティング。3種類のワインとチーズが綺麗にセットされていました。


テイスティングのコツやマリアージュについてしっかりと解説をしてくれるので分かりやすいです。


この日のワインは、(1)シャルドネ、マカベオ、モスカテルのブレンド、(2)マルベック、カベルネソーヴィニヨン、ピノノワールのブレンド、(3)マルベックの3種類。この3本と、4種のチーズ、蜂蜜、果物とのマリアージュを楽しみます。


一緒のグループにいたカップルとも話が弾み、楽しいひと時。


売店で沢山のワインを買い込んで帰りました。


メキシコにはこうした滞在型のワイナリーが沢山あり、設備やサービスもとても充実しています。


注)ワイナリー名になっているLa Santisima Trinidadは、「聖三位一体」の意味です。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page